www.julietsshoppe.com
「全損」とはその名称が示すように愛車のすべてが壊れてしまった場合で要するに走行が出来ないというような移動手段として働きをできなくなった場合に使用されますが保険で決められている(全損)は多少なりとも異なるニュアンスがあります。乗用車の保険のケースでは自動車が損害を受けた場合では全損と分損というように2つの状況に区分され分損は修復のお金が保険金内でおさまる事を言い、反対に「全損」とは修復費が保険金を超えることを指します。通常、修復で《全損》という状況では車の心臓となるエンジンに取り返しのつかない損傷が起きたり、フレームが変形して修繕が難しい場合再利用か廃車と決められるのが常識です。自動車の事故が起こって業者や車の保険会社がこのような修理のお金を予測した場合にいかに表面的に綺麗で修理が可能である場合でも修理のお金が補償額よりも大きくては何の目的のために車の保険に入っているのか分からなくなってしまいます。このような状況では、(全損)と判定して愛車の権利を自動車保険の会社へ渡して補償金を負担してもらう事になっています。もちろんそれなりの期間運転した自分の車で執着があり、自分でお金を出して直して使いたいという方はけっこういらっしゃいますから事態によっては自動車保険の会社と相談するといいと思います。また、自動車任意保険ではそのような時を想定して特約など『全損』の時のために特約ついている場合があり例え、愛車が『全損』なった場合でも車を買い換えるの諸経費を一部負担してくれる場合も実在します。盗まれた際の補償額の特約をつけてると、とられてしまったマイカーがなくなった状態でも【全損】の扱いで、保険が適用されるシステムになります。